さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2009年03月02日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 16

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

小学校低学年までの不登校には子供とともに絵を描いたり、音楽を聴いたり、遊んだりする遊戯療法を行います。
その遊戯療法を含めた従来のカウンセリングの大きな特徴は、「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方が基礎にあることです。しかしその考えにより多くの場合、さらに葛藤的になりこころのバランスを崩してしまいます。

とくに特定の人に原因があると考えて、その人を非難することはとても多いのです。
攻撃的な破壊衝動に支配されて、カウンセリングそのものが前に進まなくなるのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:50Comments(0)カウンセリング

2009年03月03日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 17

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

従来のカウンセリングの大きな特徴は、「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方が基礎にあることですが、その考えによりさらに葛藤的になりこころのバランスを崩してしまいがちです。

とくに特定の人に原因があると考えて、その人を非難することはとても多いのです。
最終的には、攻撃的な破壊衝動に支配されて、カウンセリングそのものが前に進まなくなるのです。

しかし新しいカウンセリングは、「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方に、基づくものではありません。原因追及は行いません。

新しいカウンセリングは、常に現実の生活に焦点を当てます。
その原実の生活こそが、すべてを解決するポイントです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 15:27Comments(0)カウンセリング

2009年03月04日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 18

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

従来のカウンセリングの大きな特徴は、「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方が基礎にあることですが、その考えによりさらに葛藤的になりこころのバランスを崩してしまいがちです。とくに特定の人に原因があると考えてその人を非難して、最終的には攻撃的な破壊衝動に支配されてカウンセリングそのものが前に進まなくなるのです。

しかし新しいカウンセリングは、「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方に、基づくものではありません。新しいカウンセリングは、常に現実の生活に焦点を当てます。それがスムーズに、すべてを解決するポイントです。

具体的には不登校・引きこもりの人の、現実生活における周囲の人とのこころの相互作用を変化させることに、新しいカウンセリングは軸足を置きます。そしてその周囲の人とのこころの相互作用を変化させるための力を、不登校・引きこもりの人はすでに持っています。ただし、まだそれに気付いていないのです。それゆえに、その人の今までの例外を大切にするのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 14:57Comments(0)カウンセリング

2009年03月05日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 19

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

従来のカウンセリングの大きな特徴は、「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方が基礎にあることですが、新しいカウンセリングはその考え方に基づくものではありません。新しいカウンセリングは、常に現実の生活に焦点を当てます。

具体的には不登校・引きこもりの人の、現実生活における周囲の人とのこころの相互作用を変化させることに、新しいカウンセリングは軸足を置きます。そしてその周囲の人とのこころの相互作用を変化させるための力を、不登校・引きこもりの人はすでに持っていますが、まだそれに気付いていないのです。よって、その人の今までの例外を大切にするのです。

不登校・引きこもりのカウンセリングは、その不登校・引きこもりの人自身がまだ気付いていない力に注意を向けます。
そのことにより不登校・引きこもりからはやく立ち直る力を育んでいくのです。
そのために、カウンセラーは必要です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 14:51Comments(0)カウンセリング

2009年03月06日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 20

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

従来のカウンセリングの大きな特徴は、「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方が基礎にあることですが、新しいカウンセリングは常に現実の生活に焦点を当てます。

具体的には不登校・引きこもりの人の、現実生活における周囲の人とのこころの相互作用を変化させることに、新しいカウンセリングは軸足を置きます。そしてその周囲の人とのこころの相互作用を変化させるために、今までの例外を大切にするのです。その例外から不登校・引きこもりの人自身がまだ気付いていない力に注意を向け、不登校・引きこもりからはやく立ち直る力を育んでいくのです。

そのためにカウンセラーは本人と周囲の人に、不登校・引きこもりの人の長所や能力、そこから導き出される可能性を、はっきりと示します。そうすれば従来の「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方のカウンセリングよりも、解決はスムーズに前に進んでいきます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 10:51Comments(0)カウンセリング

2009年03月07日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 21

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

従来のカウンセリングの大きな特徴は、「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方が基礎にあることですが、新しいカウンセリングは常に現実の生活に焦点を当てます。

具体的には不登校・引きこもりの人の、現実生活における周囲の人とのこころの相互作用を変化させることに、新しいカウンセリングは軸足を置きます。そのためにカウンセラーは本人と周囲の人に、不登校・引きこもりの人の長所や能力、そこから導き出される可能性を、はっきりと示します。そうやって、解決をスムーズに前に進めます。

この新しいカウンセリングでは、あくまでもカウンセラーはその人のアドバイザーに成りきります。
両親の代わりでもありませんし、人生の師でもありません。あくまでも、アドバイザーです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 10:11Comments(0)カウンセリング

2009年03月09日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 22

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

従来のカウンセリングの大きな特徴は、「いま困っていることの原因が分かれば、困っていることは解決する」という考え方が基礎にあることですが、新しいカウンセリングは常に現実の生活に焦点を当てます。

いままでの不登校・引きこもりの人に対するカウンセリングは、不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を直接考えるものではありません。従来のカウンセリングは、「問題解決」というスタイルです。

その「問題解決」というスタイルは、時計の修理のように時計のこわれた(問題)の原因を先ず、さがし出します。
そしてその原因が正されれば、いまの不都合は解決すると考えます。
このブログでご紹介する新しいカウンセリングは、それとはまったく発想が異なります。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 10:41Comments(0)カウンセリング

2009年03月10日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 23

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

従来の不登校・引きこもりの人に対するカウンセリングは、不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を直接考えるものではありませんでした。従来のカウンセリングは、「問題解決」というスタイルのものです。

それは時計の修理のように時計のこわれた(問題)の原因を先ずさがし出し、その原因が正されればいまの不都合は解決するとするものです。その発想は、以下のようになります。

原因→原因を正す→不都合は解決する

これは機械的な問題の解決には、有力な方法です。
しかし、こころの問題には不適切です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 10:36Comments(0)カウンセリング

2009年03月11日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 24

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。
従来のカウンセリングの発想を不登校・引きこもりの人に対するカウンセリングに限定して表すと、以下のようになります。

不登校・引きこもりの原因→その原因を正す→不登校・引きこもりの解決

これは機械的な問題の解決には有力な方法ですが、こころの問題には不適切です。
たとえば小学生が学校の給食を、しばしば食べ残すということを考えてみます。
その子供自身、学校、家庭環境に多くの種類と、それに含まれる問題があります。
またそれらが、複合していることもあります。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 10:08Comments(0)カウンセリング

2009年03月12日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 25

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。
従来のカウンセリングの発想は機械的な問題の解決には有力な方法ですが、こころの問題には不適切です。

たとえば小学生が学校の給食を、しばしば食べ残すということを考えてみます。
その子供自身、学校、家庭環境に多くの種類と、それに含まれる問題がありますし、それらが複合していることもあります。

その小学生は家では食べられても、学校の給食は味が異なるから食べられないのかもしれません。
学校の先生は、食べることを強いるがゆえに食べられないのかもしれません。
中学生以上の女子生徒は、しばしば太ることを心配して食べられないことも多いのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 11:05Comments(0)カウンセリング

2009年03月13日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 26

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。
従来のカウンセリングの発想は機械的な問題の解決には有力な方法ですが、こころの問題には不適切です。

たとえば小学生が学校の給食を、しばしば食べ残すということを考えてみます。
その子供自身、学校、家庭環境に多くの種類と、それに含まれる問題がありますし、それらが複合していることもあります。

しかし学校の先生は、給食を食べることを強制することも多いのです。
このような単純な発想により、解決することもあります。
しかしながらそれは表面的な解決であり、根本的な解決ではありません。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 11:07Comments(0)カウンセリング

2009年03月14日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 27

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。
従来のカウンセリングの発想は機械的な問題の解決には有力な方法ですが、こころの問題には不適切です。

たとえば小学生が学校の給食をしばしば食べ残すということを考えてみても、子供自身、学校、家庭環境に多くの種類と、それに含まれる問題がありますし、さたにそれが複合していることもあります。

従来のカウンセリングは、給食を食べることを強制することはありませんが、問題の解決という発想によるものです。
その問題解決という発想は先ず「問題の調査」をして、次にその「問題の原因を追求」します。
これがマラソンで言えば、折り返し地点になります。

そしてその「問題の解決策」を考えて、「解決策の実行」をします。
このような流れにより、従来のカウンセリングは行われました。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 11:07Comments(0)カウンセリング

2009年03月15日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 28

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。
従来のカウンセリングの発想は機械的な問題の解決には有力な方法ですが、こころの問題には不適切です。

たとえば小学生が学校の給食をしばしば食べ残すということを考えてみても、子供自身、学校、家庭環境に多くの種類と、それに含まれる問題がありますし、さたにそれが複合していることもあります。

従来のカウンセリングは、問題の解決という発想によるものです。
その問題解決という発想は、次のような流れのものです。

「問題の調査」→「問題の原因を追求」→「問題の解決策」→「解決策の実行」

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 19:53Comments(2)カウンセリング

2009年03月17日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 29

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。
従来のカウンセリングの発想は機械的な問題の解決には有力な方法ですが、こころの問題には不適切です。

従来のカウンセリングは、問題の解決という発想によるものです。
その問題解決という発想は、次のような流れのものです。

「問題の調査」→「問題の原因を追求」→「問題の解決策」→「解決策の実行」

この方法の最大の問題点は、不登校・引きこもりの人自身が拒絶しやすいのです。
精神分析療法の言葉を用いれば、抵抗が起きるのです。
ただし問題解決という発想そのものが専門家によるものですから、本人から拒絶されても当然だと言えます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:35Comments(0)カウンセリング

2009年03月18日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 30

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。
従来のカウンセリングの発想は機械的な問題の解決には有力な方法ですが、こころの問題には不適切です。

従来のカウンセリングは、問題の解決という発想によるものです。
その問題解決という発想によるカウンセリングの欠点は、抵抗が起きがちなことです。
なお問題解決というスタイルは専門家によるものですから、本人からの拒絶にあうことは当然だとも言えます。
それが、この方法の最大の課題です。

それに対して私たちの新しいカウンセリングは、不登校・引きこもりの人が先頭を歩くのです。そしてカウンセラーはそれに従い、一歩さがり不登校・引きこもりの人の方向性をアドバイスします。
よってロジャーズのクライエント中心療法より、カウンセラーは支持的と言えます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:18Comments(0)カウンセリング

2009年03月19日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 31

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

従来のカウンセリングの発想は機械的な問題の解決には有力な方法ですが、こころの問題には不適切です。
なおその問題解決というスタイルは、専門家がリードします。

それに対して私たちの新しいカウンセリングは不登校・引きこもりの人が先頭を歩き、カウンセラーはそれに従い、一歩さがり不登校・引きこもりの人の方向性をアドバイスします。

この新しいカウンセリングは不登校・引きこもりの人自身の望むことが、そのまま解決目標です。
よって、目標設定がしやすいのです。かつ不登校・引きこもりの人も希望を持って、カウンセリングに参加できます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:46Comments(0)カウンセリング

2009年03月21日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 32

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

私たちの新しいカウンセリングは不登校・引きこもりの人が先頭を歩き、カウンセラーはそれに従い、一歩さがり不登校・引きこもりの人の方向性をアドバイスします。

この新しいカウンセリングは不登校・引きこもりの人自身の望むことがそのまま解決目標ですから、目標設定がしやすく、不登校・引きこもりの人も希望を持ってカウンセリングに参加できます。

さらには不登校・引きこもりの人の能力や、その置かれた状況を理解します。
その中で不登校・引きこもりの人自身の、希望を育んでいくのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 09:23Comments(0)カウンセリング

2009年03月22日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 33

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

私たちの新しいカウンセリングは不登校・引きこもりの人が先頭を歩き、カウンセラーはそれに従い、一歩さがり不登校・引きこもりの人の方向性をアドバイスします。この新しいカウンセリングは不登校・引きこもりの人自身の望むことがそのまま解決目標ですから、希望を持ってカウンセリングに参加できます。さらには不登校・引きこもりの人の能力やその置かれた状況を理解して、不登校・引きこもりの人自身の希望を育んでいくのです。

よって不登校・引きこもりの人自身の、能力を深めていきます。
それとともに、カウンセラーはその人が自分自身を高めていくことに深い理解を示します。
その理解こそが、すべてを前に進めます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 14:40Comments(0)カウンセリング

2009年03月23日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 34

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

私たちの新しいカウンセリングは不登校・引きこもりの人が先頭を歩き、カウンセラーはそれに従い、一歩さがり不登校・引きこもりの人の方向性をアドバイスします。それと同時に不登校・引きこもりの人自身の能力を深めていき、その人に対する理解を示します。

なお不登校・引きこもりからはやく立ち直る具体的なアイデアは、カウンセリングのプロセスの中でその人が見いだしたものです。よってそれを実行しようとする意気込みは、とても強いものです。この強い意気込みだけでも、多くのことは改善していきます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:11Comments(0)カウンセリング

2009年03月24日

不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法 35

今日も不登校・引きこもりからはやく立ち直る方法を、ご紹介します。

私たちの新しいカウンセリングは不登校・引きこもりの人が先頭を歩き、カウンセラーはそれに従い、一歩さがり不登校・引きこもりの人の方向性をアドバイスします。なお具体的に不登校・引きこもりからはやく立ち直るアイデアは、カウンセリングのプロセスの中でその人が見いだします。よってそれを実行しようとする意気込みは、とても強いものです。

このように私たちの新しいカウンセリングは、より具体的なアプローチです。
同時にこころの歩幅は、不登校・引きこもりの人と一致します。
よってとても、不登校・引きこもりの人と相性のいいカウンセリングです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:55Comments(0)カウンセリング