さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2009年06月01日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 21

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

不登校・引きこもりの人は多くの場合、すべてを家族により決定されています。なおカウンセラーは不登校・引きこもりの人のカウンセリングでは、家族とのカウンセリングも行います。そのときにカウンセラーは不登校・引きこもりの人と、家族の間に橋を架けなければいけないのです。

現実に不登校・引きこもりの人とその家族関係では、不登校・引きこもりの人の願いがブロックされていることは多いのです。その願いに対する、より具体的なアドバイスも必要です。この点が一般のカウンセリングよりも、不登校・引きこもりの人のカウンセリングで必要とされる点です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:11Comments(2)カウンセリング

2009年06月02日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 22

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

不登校・引きこもりの人は多くの場合、すべてを家族により決定されています。さらに不登校・引きこもりの人とその家族関係では、不登校・引きこもりの人の願いがブロックされていることは多いのです。その願いに対するより具体的なアドバイスも、不登校・引きこもりの人のカウンセリングでは必要とされる点です。

不登校・引きこもりの人のカウンセリングは、普通のカウンセリングとは異なり面接時間だけがカウンセリングではありません。たとえば緊急の電話や、面接室以外でのカウンセリングにも時間を費やします。それも、カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性を深めるためには必要です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:31Comments(0)カウンセリング

2009年06月03日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 23

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

不登校・引きこもりの人は多くの場合、すべてを家族により決定されています。そこに不登校・引きこもりの人とその家族関係の、修正すべき部分はあります。

現実に不登校・引きこもりの人の願いは、ブロックされていることは多いのです。その願いが実現されていくプロセスと、不登校・引きこもりの人が立ち直るプロセスは同じ歩幅です。よって不登校・引きこもりの人のカウンセリングには、家族との面接が必要です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:21Comments(0)カウンセリング

2009年06月04日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 24

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

不登校・引きこもりの人は多くの場合、すべてを家族により決定されています。
そこに不登校・引きこもりの人とその家族関係の、修正すべき部分はあります。

不登校・引きこもりの人の願いと、家族の願いは本当は重なります。
ただしまったく一致しません。少しはズレはあります。

そのズレを持ちながら、願いが実現されていくプロセスと不登校・引きこもりの人が立ち直るプロセスをともに歩みます。
それが不登校・引きこもりの人と、家族との面接です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 11:32Comments(0)カウンセリング

2009年06月05日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 25

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

不登校・引きこもりの人は多くの場合、すべてを家族により決定されています。そこに不登校・引きこもりの人とその家族関係の、修正すべき部分はあります。

不登校・引きこもりの人の願いと、家族の願いは本当は重なります。
よって現実における少しのズレを持ちながら、その二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。
それが不登校・引きこもりの人と、家族との面接です。

家族面接は、大きな考えに基づくものです。
それは家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 10:12Comments(0)カウンセリング

2009年06月06日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 26

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。
そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。

家族は不登校・引きこもりの人を、人間として誇りに思うことは大切です。
家族がそう思えなかったら、先ずカウンセラーがそう思うことです。
そこから、家族が不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思うことはスタートします。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:42Comments(0)カウンセリング

2009年06月07日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 27

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。

先ず家族は不登校・引きこもりの人を、人間として誇りに思うことは大切です。
すべては、誰かが不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思うことはスタートします。

次に家族は不登校・引きこもりの人に対して、肯定的なプラスの影響力を与えなければいけません。
それがスムーズにできないときは、先ずカウンセラーが不登校・引きこもりの人に肯定的なプラスの
影響力を与えることを心掛けます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 14:48Comments(0)カウンセリング

2009年06月08日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 28

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。
すべては、先ず不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思うことからスタートします。

次に家族は不登校・引きこもりの人に対して、肯定的なプラスの影響力を与えなければいけません。
それがスムーズにできないときは、先ずカウンセラーがそれを心掛けます。
それがカウンセラーの役割です。

そのためには家族もカウンセラーも、不登校・引きこもりの人の良い点を知ることが必要です。
これにより、不登校・引きこもりの人に肯定的なプラスの影響力を与えることができます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:25Comments(0)カウンセリング

2009年06月09日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 29

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。
すべては、先ず不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思うことからスタートします。

次にそのために、家族もカウンセラーも不登校・引きこもりの人の良い点を知ることが必要です。
これにより、不登校・引きこもりの人に肯定的なプラスの影響力を与えることができます。

さらに具体的に、不登校・引きこもりの人に肯定的なプラスの影響力を与えることも必要です。
それはその人に、肯定的なチャンスを与えることです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:44Comments(0)カウンセリング

2009年06月10日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 30

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。

すべては、先ず不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思うことからスタートします。次にそのために、家族もカウンセラーも不登校・引きこもりの人の良い点を知ることが必要です。
さらに具体的に、不登校・引きこもりの人に肯定的なプラスの影響力を与えることも必要です。それはその人に、肯定的なチャンスを与えることです。

それは具体的には教育的なチャンスであり、文化的な学習のチャンスです。
とにかくチャンスを与えることは、大切です。それを不登校・引きこもりの人はいかしていきます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:12Comments(0)カウンセリング

2009年06月11日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 31

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。

すべては、先ず不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思うことからスタートします。次にそのために、家族もカウンセラーも不登校・引きこもりの人の良い点を知ることが必要です。

さらに具体的に、不登校・引きこもりの人に肯定的なプラスの影響力を与えることも必要です。それはその人に、肯定的なチャンスを与えることです。具体的には教育的なチャンスであり、文化的な学習のチャンスです。

そして不登校・引きこもりの人の家族は、不登校・引きこもりの人の将来は開かれたものだと考えてください。
そうすればそのチャンスは、最大にいかせます。これはとても大切です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:53Comments(0)カウンセリング

2009年06月12日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 32

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。

すべては、先ず不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思うことからスタートします。次にそのために、家族もカウンセラーも不登校・引きこもりの人の良い点を知ることが必要です。さらに具体的に、不登校・引きこもりの人に肯定的なプラスの影響力を与えることも必要です。それはその人に、肯定的なチャンスを与えることです。

そして不登校・引きこもりの人の家族は、不登校・引きこもりの人の将来は開かれたものだと考えてください。
そうすればそのチャンスは、最大にいかせます。

またそれとともに、家族と不登校・引きこもりの人は良い関係を構築することは大切です。
現実の生活が前に進むことと、家族と不登校・引きこもりの人はの関係の構築はともに進みます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:19Comments(0)カウンセリング

2009年06月13日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 33

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。

すべては、先ず不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思うことからスタートします。次に家族もカウンセラーも不登校・引きこもりの人の良い点を知り、具体的に不登校・引きこもりの人に肯定的なプラスの影響力を与えることも必要です。それはその人に、肯定的なチャンスを与えることです。そのチャンスを最大にいかすために、不登校・引きこもりの人の将来は開かれたものだと信じてください。

このようにして現実の生活が前に進むことと、家族と不登校・引きこもりの人の関係の構築はともに起きます。
よって家族は、不登校・引きこもりの人に対する希望を失ってはいけません。
本人の可能性を信じ、希望を持ってください。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 14:25Comments(0)カウンセリング

2009年06月14日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 34

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。

それは不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思うことからスタートし、不登校・引きこもりの人の良い点を知り、具体的に不登校・引きこもりの人に肯定的なプラスの影響力を与えて、将来は開かれたものだと信じることです。

このようにして現実の生活が前に進むことと、家族と不登校・引きこもりの人の関係の構築はともに起きます。
よって家族は不登校・引きこもりの人に対する希望を失なわないで、可能性を信じ希望を持ってください。

現実に家族は不登校や引きこもりという状態に、ともに巻き込まれています。
その結果、家族は逆に不登校・引きこもりの人に対する希望を失ない、可能性も信じられません。
それを反転させるのが、カウンセリングです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 12:27Comments(0)カウンセリング

2009年06月15日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 35

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。そのための家族面接は家族の、不登校・引きこもりの人に対する望みに基づくものです。

現実に家族は不登校や引きこもりという状態に、ともに巻き込まれています。
そのために家族は逆に不登校・引きこもりの人に対する希望を失ない、可能性も信じられません。

それを反転させ不登校・引きこもりの人を人間として誇りに思い、肯定的なプラスの影響力を与えて、将来は開かれたものだと信じることのできる方向に進めるのが、私たちの新しいカウンセリングです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:12Comments(0)カウンセリング

2009年06月16日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 36

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセリングでは不登校・引きこもりの人の願いと家族の願いの、二つの願いが実現されていくプロセスをともに歩みます。現実に家族は不登校や引きこもりという状態にともに巻き込まれていて、不登校・引きこもりの人に対する希望を失ない、可能性も信じられません。

それを反転させて、将来は開かれたものだと信じることのできる方向に進めるのが、私たちの新しいカウンセリングです。
不登校・引きこもりの人の家族も、不登校・引きこもりの人とともに幸福になることを望んでいます。
ただしいまの関係性が歪んでいるがゆえに、スムーズに前に進まないのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:12Comments(0)カウンセリング

2009年06月17日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 37

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

不登校・引きこもりの人の家族も、不登校・引きこもりの人とともに幸福になることを望んでいます。
ただしいまの関係性が歪んでいるがゆえに、スムーズに前に進まないのです。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
そこにはカウンセラーと不登校・引きこもりの人と家族の間に、今とそして将来に対する大きな信頼があります。
この信頼こそが、すべてを前に進めていく原動力です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:11Comments(0)カウンセリング

2009年06月18日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 38

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
そこにはカウンセラーと不登校・引きこもりの人と家族の間に、今とそして将来に対する大きな信頼があります。
この信頼は、すべてを前に進めていく原動力です。しかし正確には、それ以上です。

カウンセリングを行っても、カウンセリング終了後でも不登校・引きこもりの人は迷路に入り込む可能性はあります。
その迷路に入りそうになっても、入り込んでしまっても今とそして将来に対する大きな信頼があればそれをさ迷うことはありません。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:18Comments(0)カウンセリング

2009年06月19日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 39

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
そこにはカウンセラーと不登校・引きこもりの人と家族の間に、今とそして将来に対する大きな信頼があります。

さらに現実と将来に対する明確な肯定的なイメージを、家族が持つことも大切です。
その肯定的なイメージを、不登校・引きこもりの人と家族はともに歩めば良いのです。
カウンセラーは、そのサポートをします。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 10:54Comments(0)カウンセリング

2009年06月20日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 40

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
そのために現実と将来に対する明確な肯定的なイメージを家族が持ち、その肯定的なイメージを不登校・引きこもりの人と家族はともに歩めば良いのです。

カウンセリングではさらに、不登校・引きこもりの人に対する大きなイメージを設定します。
そのイメージを基礎に、カウンセリングは進みます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:10Comments(0)カウンセリング