さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2009年07月01日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 51

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
そのためにカウンセリングは、家族に対する大きなイメージを設定します。

それは、「不登校・引きこもりの人は家族から誇りに思ってもらいたい」ということであり、不登校・引きこもりの人は「不登校・引きこもりの人は家族に喜んでもらいたいと思ってもらいたい」、さらに「学校や、社会に受け入れられたいと思っている」ということです。そのために「不登校・引きこもりの人は新しいことを知りたい」、さらに「不登校・引きこもりの人は活動的でありたい」のです。

それも「人とともに活動的でありたい」のであり、自分らしい考えを尊重し発言したいのです。
そして現実の中で、自分なりの選択をしたいのです。不登校・引きこもりの人は人間関係において、人に引きずられてものごとを決めがちです。しかし本当は、自分なりの選択をしたいのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:16Comments(0)カウンセリング

2009年07月02日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 52

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
そのためにカウンセリングでは「不登校・引きこもりの人は家族から誇りに思ってもらいたい」、不登校・引きこもりの人は「不登校・引きこもりの人は家族に喜んでもらいたいと思ってもらいたい」、「学校や、社会に受け入れられたいと思っている」ということです。そのために「不登校・引きこもりの人は新しいことを知りたい」、「不登校・引きこもりの人は活動的でありたい」と考えます。

そのために現実の中で、自分なりの選択をしたいのです。不登校・引きこもりの人は人間関係において、人に引きずられてものごとを決めがちです。しかし本当は、自分なりの選択をしたいのです。特にこのことは大切です。

私たちは、不登校・引きこもりの人に対してマイナスのイメージを向けがちです。
しかし不登校・引きこもりの人は、本当は自分なりの選択をしたいのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:15Comments(0)カウンセリング

2009年07月03日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 53

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
私たちは、不登校・引きこもりの人に対してマイナスのイメージを向けがちです。
しかし不登校・引きこもりの人の本当の姿は、その逆です。

不登校・引きこもりの人は、本当は創造的です。前に進みたいのです。
そのためにはカウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性は、今まで述べたことを基礎にしたものでなければなりません。その基礎に従えば、すべてはスムーズに進みます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:26Comments(0)カウンセリング

2009年07月04日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 54

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
私たちは不登校・引きこもりの人に対して、プラスのイメージを向けるべきです。
それが不登校・引きこもりの人の、本当の姿だからです。

そうすれば不登校・引きこもりの人は、創造的に前に進みます。
そのためにはカウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係は、今まで述べたことを基礎にしたものでなければなりません。そうすればどのように難しい状況であっても、スムーズに進みます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:47Comments(0)カウンセリング

2009年07月05日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 55

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
不登校・引きこもりの人に対してプラスのイメージを向ければ、不登校・引きこもりの人は創造的に前に進みます。

そのためにはカウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係は、今までこのブログに述べたことを基礎にしたものでなければなりません。

とくに不登校・引きこもりの人が難しい状況にいるときも、不登校・引きこもりの人自身の選択を大切にするべきです。不登校・引きこもりの人が自分自身で選択して行う時に、すべてはスムーズに進みます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 16:15Comments(0)カウンセリング

2009年07月06日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 56

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
不登校・引きこもりの人に対してプラスのイメージを向ければ、不登校・引きこもりの人は創造的に前に進みます。

そのためにはカウンセリングは不登校・引きこもりの人の、可能性を踏まえたものでなければいけません。そして不登校・引きこもりの人自身の気持ちを、大切にするべきです。
そのように不登校・引きこもりの人を信じる時に、その可能性は開かれます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:15Comments(0)カウンセリング

2009年07月07日

カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性 57

今日も、「カウンセラーと不登校・引きこもりの人の関係性」について述べます。

カウンセラーの役割は、不登校・引きこもりの人に対する希望と可能性を家族とともに育むことです。
不登校・引きこもりの人に対してプラスのイメージを向ければ、不登校・引きこもりの人は創造的に前に進みます。

そのためにはカウンリングでは不登校・引きこもりの人の可能性を踏まえ、その人自身の気持ちを大切にするべきです。
このように新しいカウンセリングは不登校・引きこもりに対する、楽観的な考えに導かれたものです。
そしてこの楽観的な考えこそが、カウンセリングにおける壁を打ち破る勇気にもなるのです。

そして新しいカウンセリングには楽観的な考えに導かれた、カウンセリングの方法があります。
次回から、その方法を述べます。  

Posted by counsellor at 13:37Comments(0)カウンセリング

2009年07月08日

新しいカウンセリングの方法 1

今日から、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンリングは不登校・引きこもりの人の可能性を踏まえ、その人自身の気持ちを大切にするのです。そしてその新しいカウンセリングには楽観的な考えに導かれた、カウンセリングの方法があります。

ただしカウンセリングは文字だけでは、伝えられない要素が多いのです。
よってこれからこのブログで述べることは、新しいカウンセリングの方法の基本的な骨組みと言えます。なおその肉付けには、現実のカウンセリングを体験する必要があります。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:20Comments(0)カウンセリング

2009年07月09日

新しいカウンセリングの方法 2

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンリングは不登校・引きこもりの人の可能性を踏まえ、その人自身の気持ちを大切にするのです。ただしカウンセリングは文字だけでは、伝えられない要素が多いのです。
よってこれからこのブログで述べることは、新しいカウンセリングの方法の基本的な骨組みと言えます。

現実に新しいカウンセリングは、初回面接に大きな意味を位置づけます。
そのために、初回面接には五つのポイントを置きます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:12Comments(0)カウンセリング

2009年07月10日

新しいカウンセリングの方法 3

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンリングは不登校・引きこもりの人の可能性を踏まえ、その人自身の気持ちを大切にします。これから、新しいカウンセリングの方法の基本的な骨組みを述べます。

現実に新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけて、初回面接に五つのポイントを置きます。その第一のポイントは、カウンセリングの目標です。

これは不登校・引きこもりの人は、どのようになることを目的にカウンセリングを受けるかということです。なお新しいカウンセリングでは、より具体的な目標であることが大切です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 11:04Comments(0)カウンセリング

2009年07月11日

新しいカウンセリングの方法 4

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

これから、新しいカウンセリングの方法の基本的な骨組みを述べます。
現実に新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけて、初回面接に五つのポイントを置きます。その第一のポイントは、カウンセリングの目標です。

これは不登校・引きこもりの人は、より具体的にどのようになることを目的にカウンセリングを受けるかということです。新しいカウンセリングは、目標の設定から入ります。これも大きな特徴です。

この第一のポイントを踏まえたものが、第二のカウンセリングのポイントです。
その第二のカウンセリングのポイントは、目標は達成可能なものかということです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 15:25Comments(0)カウンセリング

2009年07月12日

新しいカウンセリングの方法 5

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけて、その面接に五つのポイントを置きます。
その第一のポイントは、カウンセリングの目標です。

この第一のポイントを踏まえたものが、第二のカウンセリングのポイントです。
その第二のカウンセリングのポイントは、目標は達成可能なものかということです。

第三のポイントは、その目標が達成可能なものであったならば、不登校・引きこもりの人はその目標にたとえ小さくても向かったことはあるのかということです。たとえどんなに小さくても、現実にその方向に向かったのかということです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 16:28Comments(0)カウンセリング

2009年07月13日

新しいカウンセリングの方法 6

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけて、その面接に五つのポイントを置きます。
その第一のポイントは、カウンセリングの目標です。

この第一のポイントを踏まえたものが、第二のカウンセリングのポイントであるその目標は達成可能なものかということです。
第三のポイントはその目標が達成可能なものであったならば、不登校・引きこもりの人はその目標にたとえ小さくても向かったことはあるのかということです。

どんなに小さくても、現実にその方向にステップを踏んだことがあることは大切です。
さらにそのステップの結果は、どうであったのかということも大切です。
それを踏まえたものが、第四のポイントです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:21Comments(0)カウンセリング

2009年07月14日

新しいカウンセリングの方法 7

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけて、その面接に五つのポイントを置きます。
その第一のポイントは、カウンセリングの目標です。

この第一のポイントを踏まえたものが、第二のカウンセリングのポイントであるその目標は達成可能なものかということです。
第三のポイントはその目標が達成可能なものであったならば、不登校・引きこもりの人はその目標にたとえ小さくても向かったことはあるのかということです。それを踏まえたものが、第四のポイントです。

第四のポイントは、現実にその方向にステップを踏んだことがあってもなくても、これからその目標に向かうための小さなステップは何かということです。その小さなステップに従い、前に進んでいきます。

大切なことはそのステップは、小さな一歩であるということです。
新しいカウンセリングでは、小さな一歩を大切にします。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 14:48Comments(0)カウンセリング

2009年07月15日

新しいカウンセリングの方法 8

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけて、その面接に五つのポイントを置きます。
その第一のポイントは、カウンセリングの目標です。

この第一のポイントを踏まえたものが、第二のカウンセリングのポイントであるその目標は達成可能なものかということです。
第三のポイントはその目標が達成可能なものであったならば、不登校・引きこもりの人はその目標にたとえ小さくても向かったことはあるのかということです。それを踏まえたものが、第四のポイントです。

第四のポイントは、現実にその方向にステップを踏んだことがあってもなくても、これからその目標に向かうための小さなステップは何かということです。

第五のポイントは、その目標にどれぐらい近づいているのかということです。これが面接の五つのポイントです。

そして新しいカウンセリングでは直接、不登校・引きこもりの人に五つのポイントを伝えることはありません。4種類の質問を通して、そのポイントを引き出しカウンセリングも前に進めていくのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 14:42Comments(0)カウンセリング

2009年07月16日

新しいカウンセリングの方法 9

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけて、その面接に五つのポイントを置きます。

第一のポイントは、カウンセリングの目標です。

第二のポイントは、その目標は達成可能なものかということです。

第三のポイントは、その目標が達成可能なものであったならば、不登校・引きこもりの人はその目標にたとえ小さくても向かったことはあるのかということです。

第四のポイントは、現実にその方向にステップを踏んだことがあってもなくても、これからその目標に向かうための小さなステップは何かということです。

第五のポイントは、その目標にどれぐらい近づいているのかということです。

以上が面接の五つのポイントです。

そして新しいカウンセリングでは直接、不登校・引きこもりの人に五つのポイントを伝えないで、4種類の質問を通してそのポイントを引き出しカウンセリングも前に進めていくのです。その4種類の質問の第一の質問は、「例外を発見する」ための質問です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:12Comments(0)カウンセリング

2009年07月17日

新しいカウンセリングの方法 10

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけて、その面接に五つのポイントを置きます。
そして新しいカウンセリングでは直接、不登校・引きこもりの人に五つのポイントを伝えないで、4種類の質問を通してそのポイントを引き出しカウンセリングも前に進めていくのです。

その4種類の質問の第一の質問は、「例外を発見する」ための質問です。
ある状況である困ったことが、起こりがちな人がいます。
例外とは、その状況でその困ったことが起きなかったことです。

たとえば人前であまりしゃべりたがらない人が、しゃべったりしたことです。
だれでも、このような例外はあります。それを発見して、いかすのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:08Comments(0)カウンセリング

2009年07月18日

新しいカウンセリングの方法 11

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけてその面接に五つのポイントを置き、4種類の質問を通してそのポイントを引き出しカウンセリングを前に進めていくのです。

その4種類の質問の第一の質問は、「例外を発見する」ための質問です。
たとえば人前であまりしゃべりたがらない人が、人前でしゃべったりしたことです。
このような例外を発見して、カウンセリングにいかすのです。

多くの場合は、例外が行ったことにより現実がどう変わったか確認します。
人前であまりしゃべりたがらない人がしゃべったことにより、現実や自分自身のおもいにどのような変化があったかを確認するのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:14Comments(0)カウンセリング

2009年07月19日

新しいカウンセリングの方法 12

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけてその面接に五つのポイントを置き、4種類の質問を通してそのポイントを引き出しカウンセリングを前に進めていくのです。

その第一の質問は、「例外を発見する」ための質問です。
たとえば人前であまりしゃべりたがらない人がしゃべったことにより、現実や自分自身のおもいにどのような変化があったかを確認するのです。

そうすると多くの場合、自分で考えていたことと現実の間にはズレがあります。
そのズレから、新しい一歩を踏み出せるようにカウンセリングを進めます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 10:15Comments(0)カウンセリング

2009年07月20日

新しいカウンセリングの方法 13

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけてその面接に五つのポイントを置き、4種類の質問を通してそのポイントを引き出しカウンセリングを前に進めていくのです。

その第一の質問は、「例外を発見する」ための質問です。
たとえば人前であまりしゃべりたがらない人がしゃべったことにより、現実や自分自身のおもいにどのような変化があったかを確認するのです。

そうすると、自分で考えていたことと現実の間にはズレがあり、そのズレは多くの場合にプラスにズレているものです。すなわち人前であまりしゃべりたがらない人がしゃべると、現実や自分自身のおもいはプラスに変化するものです。そこから新しい一歩を踏み出せるように、さらにカウンセリングを進めます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 16:31Comments(0)カウンセリング