さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2009年08月23日

新しいカウンセリングの方法 46

今日も、「新しいカウンセリングの方法」について述べます。

新しいカウンセリングは初回面接に大きな意味を位置づけ、4種類の質問を通してそのポイントを引き出しカウンセリングを前に進めていくのです。

その第二の質問は、ものさしによる質問です。
ものさしによる質問は、小学校低学年ぐらいの子供であれば、指で人形劇を行います。

たとえば中指には小学生の人形を、薬指には中学生の人形をつけて、「(中指の)小学生が、(薬指の)中学生になるためにはどうすればいいですか?」と質問をすると、(中指の)小学生は「小学生は、時間が経てば誰でも(薬指の)中学生になれる。」と答えるかもしれません。

なおこの人形劇は、カウンセラーがその劇そのものを進めていくこともできますし、子供が自分自身で進めていくこともできます。
前者のカウンセラーがその劇そのものを進めていくと、劇そのものはまとまりのあるものになります。逆に子供が自分自身で進めていくと、まとまりのないものになりがちです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 16:46Comments(0)カウンセリング