さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2010年01月07日

新しいカウンセリングの方法 174

今日も、「新しいカウンセリングの方法」の2回目以降の面接を述べます。

初回の面接において、肯定的な変化の可能性の扉は開かれました。
2回目以降の面接は、その可能性の扉を自由で風通しの良いものにすることです。

そのために2回目の面接では、次の質問が有効です。

「この前の初めての面接から今日までのあいだに、少しでも良くなったことは何ですか?」

この回答は、大きく次の3種類に分かれます。

1:少しでも良くなったことは~~~です。
2:前と同じで、少しも変わりません。
3:逆に、前より悪くなりました。

今日も、最後の【3:逆に、前より悪くなりました】について述べます。
このように回答する人には、詳細にその理由を尋ねなければいけないことが多いのです。

そしてカウンセラーは原因の追求に向かいがちな気持ちを抑えて、そのなかに含まれる肯定的な側面を見い出し、その人をさらに否定的な方向に進まないように導きます。

本人は最悪の結果になることもなく、踏みとどまることはできました。しかしそれに気付いてはいません。それを気付かせるための質問が、必要なのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 15:13Comments(0)カウンセリング