さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2010年07月01日

カウンセリングの自己解決像 12

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 15:34Comments(0)カウンセリング

2010年07月02日

カウンセリングの自己解決像 13

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。

なりたくない自分を生きていた人が、なりたい自分を生きるのです。
それはなりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることを意味しています。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:56Comments(0)カウンセリング

2010年07月03日

カウンセリングの自己解決像 14

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。
このようにより具体的で行動により表現されるからこそ、前に進みやすいのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 13:36Comments(0)カウンセリング

2010年07月04日

カウンセリングの自己解決像 15

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
たとえばサッカー日本代表になり、ワールドカップでシュートするというものは不適切です。
すぐできるものだからこそ、前に進みやすいのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counsellor at 11:42Comments(0)カウンセリング

2010年07月05日

カウンセリングの自己解決像 16

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるもので、なければいけません。
意味の感じられるものでなければ、それを支えにして生活を深めていけません。
 
次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 13:45Comments(0)カウンセリング

2010年07月06日

カウンセリングの自己解決像 17

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 13:55Comments(0)カウンセリング

2010年07月07日

カウンセリングの自己解決像 18

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

カウンセリングでは本人を含めた、家族全員に楽観的な姿勢をとってもらうことができればいいのです。そのために、楽観的な雰意気をつくらなければいけません。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 14:47Comments(0)カウンセリング

2010年07月08日

カウンセリングの自己解決像 19

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

カウンセリングでは本人を含めた家族全員に、楽観的な雰意気がただよう必要があります。
本人も家族も、困ったことは自覚されています。それゆえに悲観的な雰意気がただよっています。
解決像の構築には、楽観的な雰意気が必要なのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 13:41Comments(0)カウンセリング

2010年07月09日

カウンセリングの自己解決像 20

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

カウンセリングでは本人を含めた家族全員に、楽観的な雰意気がただよう必要があります。
本人も家族も困ったことは自覚されていますから悲観的な雰意気がただよっていますので、楽観的な雰意気が必要なのです。

それにいまの困ったことは、みんな痛いほど分かっています。
しかしかんじん要の解決像は、ぼんやりとしているのが事実です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 14:50Comments(0)カウンセリング

2010年07月10日

カウンセリングの自己解決像 21

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

カウンセリングでは本人を含めた家族全員に、楽観的な雰意気がただよう必要があります。
本人も家族も困ったことは自覚されていますから悲観的な雰意気がただよっていますので、楽観的な雰意気が必要なのです。

いまの困ったことはみんな痛いほど分かっていますが、かんじん要の解決像はぼんやりとしていることが事実です。

そのような状況でかんじん要の解決像を明らかにしていくことだけで、肯定的な方向に進むのです。明るい光を見るのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 13:32Comments(0)カウンセリング

2010年07月12日

カウンセリングの自己解決像 22

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

カウンセリングでは本人を含めた家族全員に、楽観的な雰意気がただよう必要があります。
本人も家族も困ったことは自覚されていますから悲観的な雰意気がただよっていますので、楽観的な雰意気が必要なのです。

いまの困ったことはみんな痛いほど分かっていますが、かんじん要の解決像はぼんやりとしていることが事実です。そのような状況でかんじん要の解決像を明らかにしていくことだけで肯定的な方向に進み、明るい光を見るのです。

本人も家族も、常に問題と同居しています。
それゆえに、それが普通にまでなってしまっているのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 15:38Comments(2)カウンセリング

2010年07月13日

カウンセリングの自己解決像 23

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

よって解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

カウンセリングでは本人を含めた家族全員に、楽観的な雰意気がただよう必要があります。
本人も家族も困ったことは自覚されていますから悲観的な雰意気がただよっていますので、楽観的な雰意気が必要なのです。

いまの困ったことはみんな痛いほど分かっていますが、かんじん要の解決像はぼんやりとしていることが事実です。そのような状況でかんじん要の解決像を明らかにしていくことだけで肯定的な方向に進み、明るい光を見るのです。

本人も家族も、常に問題と同居しています。その同居状態から、抜け出す必要があります。
そのためにカウンセリングを、希望するのです。それを具体的に、モデルにより述べます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 13:57Comments(0)カウンセリング

2010年07月14日

カウンセリングの自己解決像 24

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

9日に兵庫県宝塚市で起きた、女子中学生による自宅放火も本人が自己解決像を見つけられないがゆえのものです。歪んだ自己解決像にもとづいた、痛ましい出来事です。

本当の解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

本人も家族も、常に問題と同居しています。その同居状態から、抜け出す必要があります。
そのためにカウンセリングを、希望するのです。それを具体的に、モデルにより述べます。

ある女子中学生です。現実に学校での乱暴な行為により、通学がスムーズにできません。
以前は不登校、もしくは不登校のような子供は内にこもり行動にはしないものでした。
しかしいまは、兵庫県宝塚市の中学年のように行動にしやすいのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 13:49Comments(0)カウンセリング

2010年07月18日

カウンセリングの自己解決像 25

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

9日に兵庫県宝塚市で起きた、女子中学生による自宅放火も本人が自己解決像を見つけられないがゆえのものです。歪んだ自己解決像にもとづいた、痛ましい出来事です。

本当の解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

本人も家族も、常に問題と同居しています。その同居状態から、抜け出す必要があります。
そのためにカウンセリングを、希望するのです。それを具体的に、モデルにより述べます。

ある女子中学生です。現実に学校での乱暴な行為により、通学がスムーズにできません。
その相談に母親が、来室しました。そのカウンセリングは、自己解決像の構築を中心としたものでした。その部分を書きます。

カウンセラー:お母さんが相談にきて良かったと思われるためには、今日どんな変化が本人にあればいいのですか?

このように最初からカウンセラーは直接、自己解決像を尋ねます。
そのほうが、直線的に解決に向かいます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 10:08Comments(0)カウンセリング

2010年07月20日

カウンセリングの自己解決像 26

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

9日に兵庫県宝塚市で起きた、女子中学生による自宅放火も本人が自己解決像を見つけられないがゆえのものです。歪んだ自己解決像にもとづいた、痛ましい出来事です。

本当の解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

本人も家族も、常に問題と同居しています。その同居状態から、抜け出す必要があります。
そのためにカウンセリングを、希望するのです。それを具体的に、モデルにより述べます。

ある女子中学生です。現実に学校での乱暴な行為により、通学がスムーズにできません。
その相談に母親が、来室しました。そのカウンセリングは、自己解決像の構築を中心としたものでした。その部分を書きます。

カウンセラー:お母さんが相談にきて良かったと思われるためには、今日どんな変化が本人にあればいいのですか?

このように最初からカウンセラーは直接、自己解決像を尋ねました。

母親:「乱暴なことをして困っています。」「時間がたてば解決すると思っていましたが、逆です。」

このように相談者は、いま困っていることは語ります。
しかし解決に向かうには、前述の最初の質問は大切です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 16:16Comments(0)カウンセリング

2010年07月21日

カウンセリングの自己解決像 27

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

9日に兵庫県宝塚市で起きた、女子中学生による自宅放火も本人が自己解決像を見つけられないがゆえのものです。歪んだ自己解決像にもとづいた、痛ましい出来事です。

本当の解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

本人も家族も、常に問題と同居しています。その同居状態から、抜け出す必要があります。
そのためにカウンセリングを、希望するのです。それを具体的に、モデルにより述べます。

ある女子中学生です。現実に学校での乱暴な行為により、通学がスムーズにできません。
その相談に母親が、来室しました。そのカウンセリングは、自己解決像の構築を中心としたものでした。その部分を書きます。

カウンセラー:お母さんが相談にきて良かったと思われるためには、今日どんな変化が本人にあればいいのですか?

このように最初からカウンセラーは直接、自己解決像を尋ねました。

母親:「乱暴なことをして困っています。」「時間がたてば解決すると思っていましたが、逆です。」

このように相談者は、いま困っていることは語ります。
しかし解決に向かうには、前述の【:お母さんが相談にきて良かったと思われるためには、今日どんな変化が本人にあればいいのですか?】という、質問は大切です。

そうでなければ、最初のカウンセリングは「困っています、困っています」の繰り返しになりがちです。
その結果、前に進むことはできません。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 15:13Comments(0)カウンセリング

2010年07月22日

カウンセリングの自己解決像 28

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

9日に兵庫県宝塚市で起きた、女子中学生による自宅放火も本人が自己解決像を見つけられないがゆえのものです。歪んだ自己解決像にもとづいた、痛ましい出来事です。

本当の解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

本人も家族も、常に問題と同居しています。その同居状態から、抜け出す必要があります。
そのためにカウンセリングを、希望するのです。それを具体的に、モデルにより述べます。

ある女子中学生です。現実に学校での乱暴な行為により、通学がスムーズにできません。
その相談に母親が、来室しました。そのカウンセリングは、自己解決像の構築を中心としたものでした。その部分を書きます。

カウンセラー:お母さんが相談にきて良かったと思われるためには、今日どんな変化が本人にあればいいのですか?

このように最初からカウンセラーは直接、自己解決像を尋ねました。

母親:「乱暴なことをして困っています。」「時間がたてば解決すると思っていましたが、逆です。」

このように相談者は、いま困っていることは語りました。
しかし解決に向かうには、次の質問に進む必要があります。

カウンセラー:お母さんは、いま困っていますね。その乱暴なことのかわりに、どんなことを本人にしてもらいたいのですか?

「困っています、困っています」の繰り返しになりがちな状況を、前に進めるための質問です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 15:09Comments(0)カウンセリング

2010年07月23日

カウンセリングの自己解決像 29

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

9日に兵庫県宝塚市で起きた、女子中学生による自宅放火も本人が自己解決像を見つけられないがゆえのものです。歪んだ自己解決像にもとづいた、痛ましい出来事です。

本当の解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

本人も家族も、常に問題と同居しています。その同居状態から、抜け出す必要があります。
そのためにカウンセリングを、希望するのです。それを具体的に、モデルにより述べます。

ある女子中学生です。現実に学校での乱暴な行為により、通学がスムーズにできません。
その相談に母親が、来室しました。そのカウンセリングは、自己解決像の構築を中心としたものでした。その部分を書きます。

カウンセラー:お母さんが相談にきて良かったと思われるためには、今日どんな変化が本人にあればいいのですか?

このように最初からカウンセラーは直接、自己解決像を尋ねました。

母親:「乱暴なことをして困っています。」「時間がたてば解決すると思っていましたが、逆です。」

このように相談者は、いま困っていることは語りました。
しかし解決に向かうには、次の質問に進む必要があります。

カウンセラー:お母さんは、いま困っていますね。その乱暴なことのかわりに、どんなことを本人にしてもらいたいのですか?

「困っています、困っています」の繰り返しになりがちな状況を、前に進めるための質問です。

母親:「乱暴なのは、父親も同じです。」「だから、もう希望はありません。」

このように相談者は困っているのに、解決に向かうことができないと繰り返しがちです。
よって、さらに次の質問に進む必要があります。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 14:48Comments(0)カウンセリング

2010年07月24日

カウンセリングの自己解決像 30

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

9日に兵庫県宝塚市で起きた、女子中学生による自宅放火も本人が自己解決像を見つけられないがゆえのものです。歪んだ自己解決像にもとづいた、痛ましい出来事です。

本当の解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

本人も家族も、常に問題と同居しています。その同居状態から、抜け出す必要があります。
そのためにカウンセリングを、希望するのです。それを具体的に、モデルにより述べます。

ある女子中学生です。現実に学校での乱暴な行為により、通学がスムーズにできません。
その相談に母親が、来室しました。そのカウンセリングは、自己解決像の構築を中心としたものでした。その部分を書きます。

カウンセラー:お母さんが相談にきて良かったと思われるためには、今日どんな変化が本人にあればいいのですか?

このように最初からカウンセラーは直接、自己解決像を尋ねました。

母親:「乱暴なことをして困っています。」「時間がたてば解決すると思っていましたが、逆です。」

このように相談者は、いま困っていることは語りました。
しかし解決に向かうには、次の質問に進む必要があります。

カウンセラー:お母さんは、いま困っていますね。その乱暴なことのかわりに、どんなことを本人にしてもらいたいのですか?

「困っています、困っています」の繰り返しになりがちな状況を、前に進めるための質問です。

母親:「乱暴なのは、父親も同じです。」「だから、もう希望はありません。」

このように相談者は困っているのに解決に向かうことができないと繰り返しがちですから、次の質問に進む必要がありました。

カウンセラー:その乱暴なことがほんの少し良くなったら、それはどんなことから分かりますか?

さらに解決像に向かって、会話を進めていくのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 13:20Comments(0)カウンセリング

2010年07月25日

カウンセリングの自己解決像 31

今日も、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。

新しいカウンセリングでは、自己解決像を大切にします。
最初からその自己解決像を設定して、進んでいくのです。

不登校や引きこもりの人は、周囲からさんざんダメなところを指摘されています。
それを強調しないためにも、解決像は大切です。

その解決像を構築するときには、いくつかのポイントがあります。
先ず「問題がある」と考えないで、「解決像が霧におおわれて隠れている」と考えてください。

すでに解決像はあるのだけれど、霧におおわれて隠れているだけなのです。
そう考えるだけでも、気持ちは楽になります。

9日に兵庫県宝塚市で起きた、女子中学生による自宅放火も本人が自己解決像を見つけられないがゆえのものです。歪んだ自己解決像にもとづいた、痛ましい出来事です。

本当の解決像の構築は解決のスタートであり、新しい生き方のスタートです。
いままで過去の生き方に拘束されていた人が、本当の生き方にチェンジするのです。
なりたくない自分から、なりたい自分にチェンジすることが本当の解決です。

さらに新しいカウンセリングの自己解決像は、より具体的で行動により表現されるものが適切です。
これは「朝、早起きしてラジオ体操をする」というものです。

またその自己解決像は、すぐ具体的にできるものです。
さらに意味の感じられるものであり、それを支えにして生活を深めていけるものです。
 
このような解決像を構築するときの、いくつかのポイントに従って解決像を構築することが大切です。
そうすれば本人も家族も、解決はより容易なものと思えます。

本人も家族も、常に問題と同居しています。その同居状態から、抜け出す必要があります。
そのためにカウンセリングを、希望するのです。それを具体的に、モデルにより述べます。

ある女子中学生です。現実に学校での乱暴な行為により、通学がスムーズにできません。
その相談に母親が、来室しました。そのカウンセリングは、自己解決像の構築を中心としたものでした。その部分を書きます。

カウンセラー:お母さんが相談にきて良かったと思われるためには、今日どんな変化が本人にあればいいのですか?

このように最初からカウンセラーは直接、自己解決像を尋ねました。

母親:「乱暴なことをして困っています。」「時間がたてば解決すると思っていましたが、逆です。」

このように相談者は、いま困っていることは語りました。
しかし解決に向かうには、次の質問に進む必要があります。

カウンセラー:お母さんは、いま困っていますね。その乱暴なことのかわりに、どんなことを本人にしてもらいたいのですか?

「困っています、困っています」の繰り返しになりがちな状況を、前に進めるための質問です。

母親:「乱暴なのは、父親も同じです。」「だから、もう希望はありません。」

このように相談者は困っているのに解決に向かうことができないと繰り返しがちですから、次の質問に進む必要がありました。

カウンセラー:その乱暴なことがほんの少し良くなったら、それはどんなことから分かりますか?

さらに解決像に向かって、会話を進めていくのです。

母親:「乱暴なことはいけないと知り、同級生とおしゃべりをしていればそう思います。」

このように相談者はより具体的な質問であれば、いま困っていることの解決像を語れます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counsellor at 13:59Comments(0)カウンセリング