さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2014年02月01日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 36

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。

カウンセリングにより子供がより美しく生きだすために、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 05:45Comments(0)カウンセリング

2014年02月02日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 37

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。

カウンセリングにより子供がより美しく生きだすために、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:34Comments(0)カウンセリング

2014年02月03日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 38

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:29Comments(0)カウンセリング

2014年02月04日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 39

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:24Comments(0)カウンセリング

2014年02月05日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 40

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:20Comments(0)カウンセリング

2014年02月06日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 41

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:29Comments(0)カウンセリング

2014年02月07日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 42

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:36Comments(0)カウンセリング

2014年02月08日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 43

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:40Comments(0)カウンセリング

2014年02月09日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 44

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 07:27Comments(0)カウンセリング

2014年02月10日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 45

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:25Comments(0)カウンセリング

2014年02月11日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 46

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:07Comments(0)カウンセリング

2014年02月12日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 47

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

それに父親と兄弟の同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。
すなわち家族全員の面接も可能であり、かつ必要です。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:19Comments(0)カウンセリング

2014年02月13日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 48

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

それに父親と兄弟の同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。
すなわち家族全員の面接も可能であり、かつ必要です。

現在、カウンセリングは家族全員の面接を含んだものに変わってきています。
特に子供のカウンセリングでは、家族全員の面接は強調されています。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:32Comments(0)カウンセリング

2014年02月14日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 49

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

それに父親と兄弟の同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。
すなわち家族全員の面接も可能であり、かつ必要です。

現在、カウンセリングは家族全員の面接を含んだものに変わってきています。
特に子供のカウンセリングでは、家族全員の面接は強調されています。

個人のみのカウンセリングでは、カウンセラーもその人だけしか把握できません。
家族全員を把握することの大切さが最近、強調されてきています。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:34Comments(0)カウンセリング

2014年02月15日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 50

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

それに父親と兄弟の同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。
すなわち家族全員の面接も可能であり、かつ必要です。

現在、カウンセリングは家族全員の面接を含んだものに変わってきています。
特に子供のカウンセリングでは、家族全員の面接は強調されています。

個人のみのカウンセリングでは、カウンセラーもその人だけしか把握できません。
家族全員を把握することの大切さが最近、強調されてきています。

そこにファミリー・カウンセリングが生まれたのです。
東京大学の中釜先生は、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を提起しています。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:31Comments(0)カウンセリング

2014年02月16日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 51

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

それに父親と兄弟の同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。
すなわち家族全員の面接も可能であり、かつ必要です。

現在、カウンセリングは家族全員の面接を含んだものに変わってきています。
特に子供のカウンセリングでは、家族全員の面接は強調されています。

個人のみのカウンセリングでは、カウンセラーもその人だけしか把握できません。
家族全員を把握することの大切さが最近、強調されてきています。

そこにファミリー・カウンセリングが生まれたのです。
東京大学の中釜先生は、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を提起しています。

これからのカウンセリングは、統合されていくでしょう。
おそらくその中でファミリー・カウンセリング、家族療法は重要な位置をしめるでしょう。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 07:38Comments(0)カウンセリング

2014年02月17日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 52

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

それに父親と兄弟の同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。
すなわち家族全員の面接も可能であり、かつ必要です。

現在、カウンセリングは家族全員の面接を含んだものに変わってきています。
特に子供のカウンセリングでは、家族全員の面接は強調されています。

個人のみのカウンセリングでは、カウンセラーもその人だけしか把握できません。
家族全員を把握することの大切さが最近、強調されてきています。

そこにファミリー・カウンセリングが生まれたのです。
東京大学の中釜先生は、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を提起しています。

これからのカウンセリングは、統合されていくでしょう。
おそらくその中でファミリー・カウンセリング、家族療法は重要な位置をしめるでしょう。

大きな困難を持つ子供をモデルに、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を述べたいと思います。小学校一年生の女子児童です。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:14Comments(0)カウンセリング

2014年02月18日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 53

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

それに父親と兄弟の同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。
すなわち家族全員の面接も可能であり、かつ必要です。

現在、カウンセリングは家族全員の面接を含んだものに変わってきています。
特に子供のカウンセリングでは、家族全員の面接は強調されています。

個人のみのカウンセリングでは、カウンセラーもその人だけしか把握できません。
家族全員を把握することの大切さが最近、強調されてきています。

そこにファミリー・カウンセリングが生まれたのです。
東京大学の中釜先生は、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を提起しています。

これからのカウンセリングは、統合されていくでしょう。
おそらくその中でファミリー・カウンセリング、家族療法は重要な位置をしめるでしょう。

大きな困難を持つ子供をモデルに、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を述べたいと思います。小学校一年生の女子児童です。

この子は、落ち着きがありません。
小学校入学前から落ち着きがありませんでした。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:43Comments(0)カウンセリング

2014年02月20日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 54

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

それに父親と兄弟の同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。
すなわち家族全員の面接も可能であり、かつ必要です。

現在、カウンセリングは家族全員の面接を含んだものに変わってきています。
特に子供のカウンセリングでは、家族全員の面接は強調されています。

個人のみのカウンセリングでは、カウンセラーもその人だけしか把握できません。
家族全員を把握することの大切さが最近、強調されてきています。

そこにファミリー・カウンセリングが生まれたのです。
東京大学の中釜先生は、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を提起しています。

これからのカウンセリングは、統合されていくでしょう。
おそらくその中でファミリー・カウンセリング、家族療法は重要な位置をしめるでしょう。

大きな困難を持つ子供をモデルに、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を述べたいと思います。小学校一年生の女子児童です。

この子は、落ち着きがありません。
小学校入学前から落ち着きがありませんでした。

落ち着きのなさゆえに、困ったことをします。
家庭では、両親のじゃまをします。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:32カウンセリング

2014年02月20日

大きな困難を持つ子供のカウンセリング 55

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も「大きな困難を持つ子供のカウンセリング」を述べます。
カウンセリングにより子供がより美しく生きだすためには、とにかく前に問題解決を進めることです。

問題解決を、構築していくことです。
これがカウンセリングにより、子供がより美しく生きだすためのポイントです。

前に進むことこそが、真の解決です。
子供は成長段階にいます。よって成長こそが、強調されます。

その子の長所を、先ず発見することです。
次にその長所を、育むことです。

ここに子供のカウンセリングの持つ、特殊性があります。
その特殊性とは、子供の成長はカウンセリングの追い風になると言うことです。

当然、子供の人間性をすべて把握することはできません。
長所のみを把握すればよいのです。

長所のみを把握して、子供の成長という追い風に乗せます。
その追い風は、すべてを前に進めます。

上げ潮は、すべてを押し上げます。
これが子供のカウンセリングの持つ、特殊性です。

そのためにカウンセリングには、それほど科学的な客観性は必要ではありません。
子供とのこころの関係性が、大切です。

カウンセラーと子供との相互作用により、現実のカウンセリングは進められます。
そうやってこころの結びつきを、育むのです。

先ずその子なりの「うり」を、発見することが大切です。
その子にしかできない長所、「うり」を発見することです。

次にカウンセラーは、その「うり」を子供とともに大切に育むのです。
そうすればカウンセラーと子供の結びつきは、真のものになっていきます。

カウンセラーと子供の結びつきが真のものになればなるほど、真の子供の姿が浮かび上がります。
子供はいきいきとしてきます。

カウンセラーは子供を、勇気付けることです。
はげまし、応援することです。

そうすれば、子供はさらに協力的になります。
ベストの姿を、現してきます。

ただしけっして、子供のマイナスな性格傾向を無視するものではありません。
多くの場合、プラスを強調してカウンセリングを行う方が効果的なのです。

ただしまれにその子にしかできない長所、「うり」を発見できない子供もいます。
そのときは、工夫も必要です。

多くの場合、長所の見つからない子供は、母親に不安感が強いのです。
その不安を感じて面接室で萎縮して、のびのびできないのです。

この場合は母親と、子供の面接を別々に行うことです。
そうすれば、面接はスムーズに進みます。

それに親とケンカをして、面接に来ることもあります。
このように親子関係が直接、面接に入り込んでくることは避けなければいけません。

そのために、母親と子供の面接を別々に行います。
しかしカウンセリングが深まったら、母親と子供が同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。

それに父親と兄弟の同席の面接も可能になりますし、かつ必要です。
すなわち家族全員の面接も可能であり、かつ必要です。

現在、カウンセリングは家族全員の面接を含んだものに変わってきています。
特に子供のカウンセリングでは、家族全員の面接は強調されています。

個人のみのカウンセリングでは、カウンセラーもその人だけしか把握できません。
家族全員を把握することの大切さが最近、強調されてきています。

そこにファミリー・カウンセリングが生まれたのです。
東京大学の中釜先生は、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を提起しています。

これからのカウンセリングは、統合されていくでしょう。
おそらくその中でファミリー・カウンセリング、家族療法は重要な位置をしめるでしょう。

大きな困難を持つ子供をモデルに、ファミリー・カウンセリングによる心理療法の統合を述べたいと思います。小学校一年生の女子児童です。

この子は、落ち着きがありません。
小学校入学前から落ち着きがありませんでした。

落ち着きのなさゆえに、困ったことをします。
家庭では、両親のじゃまをします。

小学校入学後も、落ち着きのなさゆえに困ったことをします。
先生のじゃまをします。

さらに、述べます。  

Posted by counsellor at 06:33Comments(0)カウンセリング