さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2015年08月03日

新しいカウンセリング 虐待された子供 24、5

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 09:57Comments(0)カウンセリング

2015年08月06日

新しいカウンセリング 虐待された子供 26

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

小さな一歩を見いだし、踏み出します。
これがカウンセリングのプロセスです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:58Comments(0)カウンセリング

2015年08月08日

新しいカウンセリング 虐待された子供 27

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

小さな一歩を見いだし、踏み出します。
これがカウンセリングのプロセスです。

そのために「もう少し自分が楽に生きるために、どうなればいいか」を尋ねます。
この少しは、今すぐにでもとどく範囲です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:44Comments(0)カウンセリング

2015年08月10日

新しいカウンセリング 虐待された子供 28

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

小さな一歩を見いだし、踏み出します。
これがカウンセリングのプロセスです。

そのために「もう少し自分が楽に生きるために、どうなればいいか」を尋ねます。
この少しは、今すぐにでもとどく範囲です。

より具体的には、次のように問います。
「もう少し自分が楽に生きるために、何か必要なことや必要な人は?」

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 13:22Comments(0)カウンセリング

2015年08月11日

新しいカウンセリング 虐待された子供 29

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

小さな一歩を見いだし、踏み出します。
これがカウンセリングのプロセスです。

そのために「もう少し自分が楽に生きるために、どうなればいいか」を尋ねます。
この少しは、今すぐにでもとどく範囲です。

より具体的には、次のように問います。
「もう少し自分が楽に生きるために、何か必要なことや必要な人は?」

子供によっては、「友達が欲しい」や「お母さんに優しくしてほしい」です。
これに近づくようにします。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:37Comments(0)カウンセリング

2015年08月14日

新しいカウンセリング 虐待された子供 30

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

小さな一歩を見いだし、踏み出します。
これがカウンセリングのプロセスです。

そのために「もう少し自分が楽に生きるために、どうなればいいか」を尋ねます。
この少しは、今すぐにでもとどく範囲です。

より具体的には、次のように問います。
「もう少し自分が楽に生きるために、何か必要なことや必要な人は?」

子供によっては、「友達が欲しい」や「お母さんに優しくしてほしい」です。
これに近づくようにします。

このささやかな望みを、大切にします。
カウンセラーと、共に望みを持つのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:51Comments(0)カウンセリング

2015年08月17日

新しいカウンセリング 虐待された子供 31

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

小さな一歩を見いだし、踏み出します。
これがカウンセリングのプロセスです。

そのために「もう少し自分が楽に生きるために、どうなればいいか」を尋ねます。
この少しは、今すぐにでもとどく範囲です。

より具体的には、次のように問います。
「もう少し自分が楽に生きるために、何か必要なことや必要な人は?」

子供によっては、「友達が欲しい」や「お母さんに優しくしてほしい」です。
これに近づくようにします。

このささやかな望みを、大切にします。
カウンセラーと、共に望みを持つのです。

そのカウンセラーと共に持った、望みを育みます。
実現していきます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:02Comments(0)カウンセリング

2015年08月20日

新しいカウンセリング 虐待された子供 32

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

小さな一歩を見いだし、踏み出します。
これがカウンセリングのプロセスです。

そのために「もう少し自分が楽に生きるために、どうなればいいか」を尋ねます。
この少しは、今すぐにでもとどく範囲です。

より具体的には、次のように問います。
「もう少し自分が楽に生きるために、何か必要なことや必要な人は?」

子供によっては、「友達が欲しい」や「お母さんに優しくしてほしい」です。
これに近づくようにします。

このささやかな望みを、大切にします。
カウンセラーと、共に望みを持つのです。

そのカウンセラーと共に持った、望みを育みます。
実現していきます。

このように先ず虐待された子供に、関心を示します。
子供は、それをうれしく思うものです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 09:52Comments(0)カウンセリング

2015年08月27日

新しいカウンセリング 虐待された子供 33

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

小さな一歩を見いだし、踏み出します。
これがカウンセリングのプロセスです。

そのために「もう少し自分が楽に生きるために、どうなればいいか」を尋ねます。
この少しは、今すぐにでもとどく範囲です。

より具体的には、次のように問います。
「もう少し自分が楽に生きるために、何か必要なことや必要な人は?」

子供によっては、「友達が欲しい」や「お母さんに優しくしてほしい」です。
これに近づくようにします。

このささやかな望みを、大切にします。
カウンセラーと、共に望みを持つのです。

そのカウンセラーと共に持った、望みを育みます。
実現していきます。

このように先ず虐待された子供に、関心を示します。
子供は、それをうれしく思うものです。

そこから信頼関係が生まれます。
先ずプラスの関心を示すことです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 09:55Comments(0)カウンセリング

2015年08月31日

新しいカウンセリング 虐待された子供 34

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリング、「虐待された子供」のカウンセリングを述べます。

「虐待された子供」のカウンセリングには、困難が二点あります。

それは虐待された子供を、「いまの虐待からどう守るか」という困難。
虐待された子供は、「虐待の事実を話したがらない」という困難です。

この2点が「虐待された子供」のカウンセリングを妨げます。
どちらも、いまの現実です。

よって場合によっては一時保護が、必要になります。
そうしなけば、いま虐待された子供は潰れてしまいます。

このような現実的な対応が、求められます。
ある意味でカウンセリングの枠組みと権限を、越えていく必要があります。

先ず現実を、安定化させます。
おぼれている人を、今たすけます。

今おぼれている人をたすけることができてこそ、カウンセリングも進みます。
「虐待された子供」のカウンセリングは、クッションが必要です。

そのクッション効果は大きいのです。
クッション効果は、大きな意味があります。

クッションがあるだけで、大きく改善することも多いのです。
そのクッションは、虐待された子供の砦です。

砦が、その子を守ってくれます。
物理的なものだけではなく、こころの砦にもなります。

子供にとって、逃げ込むところが必要です。
自分の魂を守る、場所が必要です。

その魂を守る場所が、秘密の花園にもなります。
そこでこそ、自己確立は行われます。

「虐待された子供」のカウンセリングでは、逃げ込むところが必要です。
それは魂を守る場所だからです。

虐待された子供のこころも、逃げ込むところが必要です。
それは大人の敬意ある対応です。

虐待された子供を、尊重する姿勢が大切です。
それが、敬意ある対応です。

カウンセリングでは、無条件の尊重は重視されます。
虐待された子供も同様です。

そのときに、子供はこころを開きます。
そこからカウンセリングは、スタートします。

その無条件の尊重は、より具体化することが大切です。
そのために、子供の長所を発見します。

虐待された子供の長所を、見付けるのです。
見いだすのです。

その長所を伸ばします。
これが新しいカウンセリングの、原則です。

短所を指摘するのは、効率の悪いものです。
労力ばかり使い、前に進みません。

長所を見付け伸ばします。
それは虐待された子供に対する、次の視点によるものです。

先ず虐待された子供の、すべてがダメというわけではないということです。
当然、優れたところもあります。

少なくとも、健康なところはあります。
そこから取りくみます。

次に大切なことは虐待された子供自身が、生活をより良いものにしたいと考えているということです。
これは大切です。

この生活をより良いものにしたいというラインに沿って、考えていきます。
そのためには、小さな一歩が大切です。

現実を変えていくには、小さな一歩が大切です。
小さな一歩こそが、先ず踏み出すべき一歩です。

その小さな一歩を、見いだします。
次に、現実に踏み出します。

小さな一歩を見いだし、踏み出します。
これがカウンセリングのプロセスです。

そのために「もう少し自分が楽に生きるために、どうなればいいか」を尋ねます。
この少しは、今すぐにでもとどく範囲です。

より具体的には、次のように問います。
「もう少し自分が楽に生きるために、何か必要なことや必要な人は?」

子供によっては、「友達が欲しい」や「お母さんに優しくしてほしい」です。
これに近づくようにします。

このささやかな望みを、大切にします。
カウンセラーと、共に望みを持つのです。

そのカウンセラーと共に持った、望みを育みます。
実現していきます。

このように先ず虐待された子供に、関心を示します。
子供は、それをうれしく思うものです。

そこから信頼関係が生まれます。
先ずプラスの関心を示すことです。

ただし注意点もあります。
何でも短絡的に、虐待と考えないことです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counsellor at 10:20Comments(0)カウンセリング