さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2019年10月01日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 683

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 12:42カウンセリング

2019年10月02日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 684

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:11カウンセリング

2019年10月03日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 685

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:34カウンセリング

2019年10月04日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 686

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:30カウンセリング

2019年10月05日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 687

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:13カウンセリング

2019年10月07日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 688

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 09:45カウンセリング

2019年10月09日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 689

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:32カウンセリング

2019年10月10日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 690

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:24カウンセリング

2019年10月11日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 691

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 09:49カウンセリング

2019年10月13日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 692

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 15:05カウンセリング

2019年10月15日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 693

お知らせ 北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 11:05カウンセリング

2019年10月16日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 694

お知らせ 台風19号、北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

その小さな一歩は容易な一歩です。
すぐできる一歩です。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 09:48カウンセリング

2019年10月17日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 695

お知らせ 台風19号、北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

その小さな一歩は容易な一歩です。
すぐできる一歩です。

その小さな一歩の積み重ねこそが、解決に向かいます。
ある意味、急がば回れです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 09:58カウンセリング

2019年10月18日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 696

お知らせ 台風19号、北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

その小さな一歩は容易な一歩です。
すぐできる一歩です。

その小さな一歩の積み重ねこそが、解決に向かいます。
ある意味、急がば回れです。

次に新しいカウンセリングによる不登校の解決をモデルにより述べます。
この子は小学3年生の男の子です。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:21カウンセリング

2019年10月19日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 697

お知らせ 台風19号、北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

その小さな一歩は容易な一歩です。
すぐできる一歩です。

その小さな一歩の積み重ねこそが、解決に向かいます。
ある意味、急がば回れです。

次に新しいカウンセリングによる不登校の解決をモデルにより述べます。
この子は小学3年生の男の子です。

多くの場合、不登校になると学校の先生から連絡があります。
登校せず、寄り道していることが多いからです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:08カウンセリング

2019年10月21日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 698

お知らせ 台風19号、北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

その小さな一歩は容易な一歩です。
すぐできる一歩です。

その小さな一歩の積み重ねこそが、解決に向かいます。
ある意味、急がば回れです。

次に新しいカウンセリングによる不登校の解決をモデルにより述べます。
この子は小学3年生の男の子です。

多くの場合、不登校になると学校の先生から連絡があります。
登校せず、寄り道していることが多いからです。

そこから、葛藤は表面化します。
それは家族は扱えかねぬものです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 09:45カウンセリング

2019年10月22日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 699

お知らせ 台風19号、北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

その小さな一歩は容易な一歩です。
すぐできる一歩です。

その小さな一歩の積み重ねこそが、解決に向かいます。
ある意味、急がば回れです。

次に新しいカウンセリングによる不登校の解決をモデルにより述べます。
この子は小学3年生の男の子です。

多くの場合、不登校になると学校の先生から連絡があります。
登校せず、寄り道していることが多いからです。

そこから、葛藤は表面化します。
それは家族は扱えかねぬものです。

先ず直面する問題は、先生も親もどうすれば良いかわからないという事です。
先ず「登校を強いるべきか」で困ります。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 09:32カウンセリング

2019年10月23日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 700

お知らせ 台風19号、北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

その小さな一歩は容易な一歩です。
すぐできる一歩です。

その小さな一歩の積み重ねこそが、解決に向かいます。
ある意味、急がば回れです。

次に新しいカウンセリングによる不登校の解決をモデルにより述べます。
この子は小学3年生の男の子です。

多くの場合、不登校になると学校の先生から連絡があります。
登校せず、寄り道していることが多いからです。

そこから、葛藤は表面化します。
それは家族は扱えかねぬものです。

先ず直面する問題は、先生も親もどうすれば良いかわからないという事です。
先ず「登校を強いるべきか」で困ります。

それに対する答えは、ありません。
正確には、「マニュアルはない」のです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:00カウンセリング

2019年10月24日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 701

お知らせ 台風19号、北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

その小さな一歩は容易な一歩です。
すぐできる一歩です。

その小さな一歩の積み重ねこそが、解決に向かいます。
ある意味、急がば回れです。

次に新しいカウンセリングによる不登校の解決をモデルにより述べます。
この子は小学3年生の男の子です。

多くの場合、不登校になると学校の先生から連絡があります。
登校せず、寄り道していることが多いからです。

そこから、葛藤は表面化します。
それは家族は扱えかねぬものです。

先ず直面する問題は、先生も親もどうすれば良いかわからないという事です。
先ず「登校を強いるべきか」で困ります。

それに対する答えは、ありません。
正確には、「マニュアルはない」のです。

それよりも、すぐそばに道はあります。
それが前に解決を見いだすカウンセリングです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 09:55カウンセリング

2019年10月25日

新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 702

お知らせ 台風19号、北海道地震、東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

新しいカウンセリングとして、「こころの傷を持った子供」のカウンセリングを述べます。

今日から不登校の子供の改善を述べます。

不登校の子供に、いろいろな意見があります。不登校は一括りできません。
性格の異なる、多くの原因とその解決法があります。

例えば「登校を強いるべきか」という問題もあります。
これもケースバイケースです。

ある場合には必要であり、ある場合には害になります。
同じ顔の子供もいないように、同じスタイルの不登校もありません。

不登校が、学校恐怖によるものである時はカウンセリングは有効です。
その不登校は、こころの傷によるものだからです。

不登校は「学校の問題か、家庭の問題か」という事も良く言われます。
これもケースバイケースです。

ただし後者の、家庭の問題であるときは家族カウンセリングという方法もあります。
その家族カウンセリングを行います。

学校の問題であるときは、社会的なアプローチの必要があります。
そのときは学校との連絡が、より必要です。

場合によっては、フリースクールも利用されるべきです。
社会的資源の利用が必要になります。

現在では国もフリースクールの意義と価値を認めています。
不登校の性格によっては、改善の足掛かりとなるものです。

以前は転校が考えられました。
だが転校は、今では後ろ向きなものと捉えられています。

多くの場合、転校しても同じです。
同じことの繰り返しです。

同じパターンを繰り返します。
それよりもフリースクールは意義と価値があります。

それなりの対応はします。
そのようにカリキュラムも組まれています。

だが極端な問題が学校にあれば、別です。
極端ないじめや体罰がある場合です。

その場合は、現実の改善が必要です。
現実が悪すぎる時は、現実をかえることです。

そのための転校です。
だが転校は、改善にならないことが多いのです。

転校した学校でも、同じようなことは起きがちです。
学校の本質は変わっていないのです。

その意味でフリースクールは意義と価値があります。
今までの学校とは、対応が異なります。

本質が変わらなければ、意味はありません。
変わるからこそ、意味はあります。

そこで新しい自分を発見できます。
さらには新しい自分をクリエイトできます。

そのような意味があります。
それでもカウンセリングを行った方が、効果はあります。

カウンセリングによる解決を述べていきます。
正確には新しいカウンセリングによる解決を述べていきます。

新しいカウンセリングは、小さな一歩のカウンセリングです。
それは大人も、子供も同じです。

その小さな一歩は容易な一歩です。
すぐできる一歩です。

その小さな一歩の積み重ねこそが、解決に向かいます。
ある意味、急がば回れです。

次に新しいカウンセリングによる不登校の解決をモデルにより述べます。
この子は小学3年生の男の子です。

多くの場合、不登校になると学校の先生から連絡があります。
登校せず、寄り道していることが多いからです。

そこから、葛藤は表面化します。
それは家族は扱えかねぬものです。

先ず直面する問題は、先生も親もどうすれば良いかわからないという事です。
先ず「登校を強いるべきか」で困ります。

それに対する答えは、ありません。
正確には、「マニュアルはない」のです。

それよりも、すぐそばに道はあります。
それが前に解決を見いだすカウンセリングです。

小学3年生の男の子は、カウンセリングルームに母親から電話がありました。
とても困ったようです。

さらに述べます。 

  

Posted by counsellor at 10:24カウンセリング