さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2010年01月26日

新しいカウンセリングの方向と目標の設定 8

今日も、「新しいカウンセリングの方向と目標の設定」述べます。

不登校や引きこもりの人に対する「新しいカウンセリングの方向と目標の設定」は、カウンセラーが『方向と目標の設定』をしないことが大切です。現実に不登校や引きこもりの人は自分自身の意見や考えを否定されていることが多いの、このような関係は不登校や引きこもりの人にとって驚きであり新鮮です。

なお不登校や引きこもりの人は多くの場合、親とともに来室しますが、親に対する適切なアドバイスがなければチグハグなカウンセリングになりがちです。

最初は親につれられて、子供は来室します。そのときに予備面接を実施します。
この予備面接により、カウンセリング全体の組み立てに必要な知識を得るのです。

次回に、さらに述べます。



あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 765 (2020-02-18 15:48)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 764 (2020-02-17 10:13)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 763 (2020-02-16 15:51)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 762 (2020-02-14 14:15)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 761 (2020-02-13 14:29)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 760 (2020-02-11 14:21)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。