さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2010年06月18日

新しいカウンセリングの方向と目標の設定 138

今日も、「新しいカウンセリングの方向と目標の設定」を述べます。

不登校や引きこもりの人に対する「新しいカウンセリングの方向と目標の設定」は、カウンセラーが『方向と目標の設定』をしないことが大切です。不登校や引きこもりの人が、自分自身で『方向と目標の設定』をします。

現実に面接はまっすぐに進むのではなく、ほぼ最初の面接で壁にぶつかることもあります。
それは面接で、ほとんど発言しない人です。

多くの場合、新しいカウンセリングのカウンセラーは発言しないことも、その人も問題視しないでカウンセリングを進めます。そのために新しいカウンセリングでは、先ず発言しないことを誰にでもありがちなこととして伝えます。

そしてカウンセリングの深まりとともに、改善することも伝えます。そのための適切な時が、必要であることも伝えます。

それは「発言しなくてもいい」と実感されるまで、続きます。
逆に言えば、その実感こそが最大のポイントです。

「話をしなくていいんだ」ということが、こころの芯まで伝わることこそが大切です。
そのための関係性の構築が、新しいカウンセリングです。

「話をしなくていいんだ」という関係性が構築されれば、本人も話し始めます。
カウンセリングにはこのような逆説性が、常に含まれているのです。

そのために、本人がまったく話さない1時間も必要です。
その1時間、カウンセラーは親と話を進めます。本人の興味のある話を、親と話します。
それはゲームの話であったり、歌の話であったりします。

その話をしながら、子供の話したいというサインを見逃さないことが大切です。
そのサインを適切にキャッチすることが、前に進むための第一歩です。

ただしサインをキャッチして、すぐにその子供に話し始めることはミスです。
カウンセラーはいそがないで、そのキャッチしたボールを温めてください。

本人に関心を示しながら、直接の関係を持たないのです。
そうやってキャッチしたボールを温めて、充分に温まればボールは卵に変わり、やがてその卵からひなも産まれます。ただしこれは、とても困難なことです。

それをとても困難であると感じたら、カウンセラーは親とこどもの肯定的な側面を話し合ってもいいのです。それを通して、キャッチしたボールを温めていくのです。

やがてそれは、「カウンセリングの自己解決像」に向かいます。
次からは、「カウンセリングの自己解決像」について述べます。





あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 307 (2018-04-21 09:47)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 306 (2018-04-20 09:50)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 305 (2018-04-19 10:03)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 304 (2018-04-17 09:18)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 303 (2018-04-16 09:31)
 新しいカウンセリング こころの傷を持った子供 302 (2018-04-14 09:49)

この記事へのコメント
はじめまして。

私もカウンセラーをしております。しのぎと申します。

>「話をしなくていいんだ」ということが、こころの芯まで伝わることこそが
>大切です。
>そのための関係性の構築が、新しいカウンセリングです。
>「話をしなくていいんだ」という関係性が構築されれば、本人も話し
>始めます。
>カウンセリングにはこのような逆説性が、常に含まれているのです。

この部分、とても共感いたしました。

今後もいろいろと勉強させていただきたいと思います。
よろしくお願いします!!
Posted by しのぎちひろ at 2010年06月21日 07:45
しのぎさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。
多くの場合、「ぼく、話したくない!」という本当の言葉が、本当のスタートになります。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Posted by counseling at 2010年06月21日 11:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
新しいカウンセリングの方向と目標の設定 138
    コメント(2)